10
1
2
3
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

読書の秋

ひとつ前の話題(11/6)が文化の秋だとしたら、今日は読書の秋の話題。

最近、私にはめずらしく時代小説を読んでます。
居眠り磐音 江戸草紙』シリーズ 佐伯泰英

以前、NHKの土曜時代劇でドラマ化されていてそれがけっこう好きだったので、図書館で見つけて読んでみる事にしました。
主人公はもちろん、みんな心が温かい(もちろん悪い人も出ますが・・・)。
それと、主人公・磐音に対する説明『春先の縁側で日向ぼっこをしている年寄り猫のように穏やかな・・・』がよく出てきます。
猫好きにはこれだけでも読んでみたくなる・・・ような関係ないような?

といっても、けっこう人も死にますし、辛い話も多いです。
江戸時代って大変だったんだろうなと思ってしまう。
ただ、それでも気負わずに人のために働くことが出来る主人公や彼を取り巻く人々の姿がいいのです。
私も見習わなくては。
スポンサーサイト

『黄金旋律 -旅立ちの荒野-』

医者を夢見る少年・臨(りん)は、数百年後の廃墟と化した病院で目が覚めた。
ファンタジーの世界に迷い込んでしまったかのような未来に戸惑いながらも、優しい看護師ロボットたちと共に生活をはじめる。
しかし人との触れあいを求め病院を飛び出した臨は、地図にない街に手紙を届ける野生的な少年・ソウタと、どこか懐かしさを感じさせる黒い翼のはえた猫のアルファと出会い……!?


この紹介文を目にして、気になって図書館に予約した児童文学の本 『黄金旋律 -旅立ちの荒野-
ワクワクするような児童文学かと思って読み始めたのですが、紹介文は本の後半部分の説明だったようで、前半は辛く切ない展開に。
電車内で泣きそうになって読むのを断念。
読みたいけど読めないジレンマ、辛かったわん。

帰宅後、思う存分泣きながら読みましたよ、へへへ。
涙は出るけど、優しさと希望のある話。
そして何より猫好きの心にしみる話だと思います。
きっと作者さんが猫好きなんじゃないかな。

でも、この本全体がある意味序章、冒険はこれからなのでした。
(サブタイトルに「旅立ち」ってあるしね)
気になるけど、まだ未発売。
秋には出るらしいのでそれまでおあずけ、うずうず。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

兒玉 彩伽

Author:兒玉 彩伽
遊びに来てくれてありがとう☆
21年7月16日にお星様になった、
ロシアンブルーのアレクともども
どうぞよろしくお願いします。

仕事プロフィール リベルタ

☆吹替え出演☆
FOXTV
Dr.HOUSE シーズン6』第18話~
 サマンサ(シンシア・ワトロス)役

ドラゴン桜<韓国版>
 チャン・マリ理事長(オ・ユナ)役

☆ナレーション
旅チャンネル
Hawaii ローカルNEWS!
Hawaii ローカルNEWS!Special

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター